2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.30 (Sat)

私事

健康診断

アクアネタでは無いのですが・・・

私、病院が苦手。というか嫌い。

そういう訳で、毎年、健康診断の案内は見ない事にしていました。

・・・が、今年は諸事情がございまして、気がつけば強制的に予約までされている始末。


超小心者で怖がりの私。

検査前日は、周りから「バリウムはまずい」「ゲップは我慢するんだよ」「飲む量も昔よりは少ないから大丈夫」などと永遠聞かされ、すっかりブルーな気持ちに。


「命までは取られないだろう」と覚悟を決めて5/18行ってきました。


朝、受付を済ませて問診、身長体重、聴力、視力、採血とテンポ良くこなしていきました。

そして、問題のバリウム

「はい○○さん、初めてですか?そこの台に立ってねー」
「これ炭酸ねー。口に入れたら、このバリウム飲んでねー」


手に渡された炭酸なるものをみると駄菓子屋の粒ラムネそのもの。
バリウムも話通りの一口サイズの容器に入ってました。

楽勝ー!

バリウムの味を堪能する事も忘れ、一気に飲み干しました。

その瞬間、

「○○さん左側に置いてあるバリウムも飲んで下さいねー」

見れば左前方に、馬鹿デカイ容器になみなみ注がれたバリウムが・・・

私、頑張りました。超頑張りました。けど限界でーす。

だって、話と違うしバリウム飲みにくいし不味いんだもん。

「もう飲めましぇーん」

「頑張って飲んで下さい」

「限界です」

「何が?」

「何がって(怒)」

流れ作業的に会話する、この技師にカチンときましたが、最後の一滴まで飲んでやりましたよ。

「ゲップ我慢してくださいねー」

わかってる!(怒)

向こう部屋からガラス越しに右向け、左向け、回れと指示されて、検査が終わった時にはすっかり乗り物酔いに近い状態でした。

「吐きそうなんですが・・・」

「トイレでしてください」

わかってる!(怒)



それから数日後


検査結果が郵送されてきました。

胃ポリープ、腫瘍マーカー高数値。再度精密検査の必要有り。



ハハハ。胃カメラも体験しろだと、おまけに癌かも知れないだと。

私、別の病院へ強制連行されてました。

2時間待って先生との問診。

その後、採血を取りました。

「はい○○さん、血採りますよー」
「血管見せて下さいねー」
「わぁー入れやすそうなのが2本あるー」
「どっちにします?」


・・・は?

「選んで良いならこっちで・・・」

「ちょっとチクッとしますよー」
「よしっ!」


「しびれませんかー?」

「大丈夫です」

「よしっ!」

 採血サンプルを2本とって

「よしっ!」

「次、CTなんでこのまま針固定しますねー」


「はい」

 シールで針を固定して

「よしっ!」

「終わりましたんで、このまま9番の窓口に行ってくださいー」
「よしっ!」


・・・「あっ はい」

ベテラン看護師さんも良いですが、なんか、こういう感じの新米看護師さんも良いですよねー
この看護師さんのお陰で、私の不安はどこかへ吹っ飛んでいきました。


CT検査室前にて

「○○さんー。どうぞ中へ」

TV等でCT検査は見たことがあったので、さほど緊張せず台に横になりました。

すると技師さんが

「チャック写りますんで、ズボン下げますねー」

されるがまま、私呟いてました。

「惚れてしまうやろー」




・・・で28日。オエオエしながら胃カメラやって、涙目で結果を聞いたら特に異常無し。

腫瘍マーカーの数値も煙草が原因かと。


とりあえず、一安心しましたんで、お祝い品を購入すべく21のAさんに電話。

明日着でお願いしましたので、今度紹介します。

 
皆さんも健康には十分注意してくださーい







スポンサーサイト
15:25  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。